めまい・高血圧・肩こりの鍼灸症例

自律神経失調症(めまい・高血圧・肩こり)

めまい

患者さま

50代 女性

初来院

2018年7月9日

お悩みの症状

クラクラするめまい・高血圧

初来院までの経過

1週間前の昼頃から気分が悪くなり、顔がほてり汗が出て、血圧が197/130・脈拍120となり、夕方まで気分がすぐれず。
翌日は血圧が130/90くらいに下がったが食事が食べられず、病院に行く。
採血しての結果には異常なし。点滴をし漢方薬を処方される。
一日に中で体調に変動がある。
急に気分が悪くなったり、落ち着いたりする。
横になっている方がラク。
肩こりが強く、食欲がなく体力低下ぎみ。
4年前にも同じような症状になったことがあり、その時は3日間ほどで落ち着いた。
今回は1週間続くので、病院以外の治療を希望して当鍼灸院に来院。
病院は昔より、不眠/血圧で内科・坐骨神経痛で整形外科・慢性じんましんで皮膚科・痰が絡むで耳鼻科など多数受診中。

治療方針

「更年期とストレスのせいで自律神経が乱れたから起きた」とご本人が言うように自律神経失調の症状である。
逆流性食道炎・不眠・慢性じんましん・痰がよく出るなど、今回の症状発作以前から慢性症状を多数持っている。
「心」の病証とみて「心血虚」。「痰飲」もあるので「脾虚湿生」。
この二本柱に「気滞上亢」が加わっている病証とみる。

治療と経過

1回目。
「中封」「太渓」「足三里」「合谷」「曲池」に鍼。「中脘」に温灸+お灸。足にホットパック。
「風池」「心兪」「肝兪」「腎兪」に鍼。「胸椎4番辺り」「命門」に温灸。
2回目(4日後)。
1回目のあと、1回だけ血圧が上がった時があったが、昨日くらいからクラクラも改善。
仕事が忙しく疲れる。
おおむね1回目の施術と同様に。ただし腹部のお灸を増やす。「曲池」をやめ「内関」に鍼(+円皮鍼)。
3回目(6日後)。
クラクラめまいはすっかり落ち着く。不眠や坐骨神経痛はかわらず。
2回目と同じ施術。
今後は不眠や坐骨神経痛など慢性症状に対しての鍼灸も勧めたが、当初の主訴であった「クラクラめまい」がなくなっているので今回で終了とする。

まとめ

慢性的に愁訴をかかえている。
その中で、高血圧と同時に出るクラクラするめまいに悩まされていたケース。
今回は1週間前から始まった症状だったので、鍼灸での改善もも早かった。
3回でほぼゼロになった。
急性の「上亢」していた気を下げることができたからだろう。
ただし、慢性的な「虚」を補えているわけではないので、また出てしまう可能性はある。
またその他の慢性症状も、3回だけではすぐには変化を出せない(=時間がかかる)ので、まめに・ゆっくりやっていくしかないのだが、費用面で継続が難しいとのことで、一旦終了とした。