子宮内膜を厚くするツボ

子宮内膜の厚みは大事?

子宮内膜
子宮内膜の厚さは妊娠するために非常に重要、と言われています。

ただし最近、「内膜の厚みは妊娠率に関係ない」という説もあります(これについては別記事で紹介しています)。
両意見ありつつも、「子宮環境が良い証しのひとつ」として内膜の厚さがあるとし、厚みは妊娠に関係あり、とここではします。

不妊の悩みの中には、子宮内膜の薄さを悩む患者さんも少なくありません。
そこで子宮内膜を妊娠に適したフカフカで厚い内膜にするために、鍼灸がどうお役に立てるかを書きます。

子宮内膜の厚み

内膜厚み
月経(生理)によってはがれた子宮内膜は1mm程度の薄い層(基底層と言います)だけが残ります。
それが女性ホルモン(エストロゲン)により、再び内膜の増殖が促され、排卵日ごろまでに8mm余りへと急速に増殖します。
排卵後に、子宮内膜をさらに厚くする働きがある女性ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、その効果で厚みが10mm~15mmになり内膜は成熟します。
この受精卵を待ち受ける時期が約2週間続きます。
待機期間を過ぎても妊娠が成立しなかった場合は、子宮内膜ははがれます(=これが月経)。

子宮内膜は月経時にすべてはがれ落ち新しく再生するのが普通です。
しかし、はがれきれず一部残ってしまったり厚みが増しすぎると子宮内膜症や着床障害を引き起こしやすくなります。

妊娠のための子宮内膜の厚さは、排卵後8mm以上を維持できれば妊娠できると言われています。
妊娠に理想的な子宮内膜の厚さは、受精卵が着床する頃(排卵後5~7日目)で厚さ13~20mmと言われます。

子宮内膜と東洋医学(鍼灸)

鍼灸と子宮内膜
「骨盤内(婦人科系)に栄養を送ること」と「自律神経を整えること」がとても重要な方針になります。

子宮内膜が薄いと月経血(生理の血)が少なります。
これは東洋医学(鍼灸)では「血が少ない」状態もしくは「血の滞りがある」状態とみます。
内膜が薄いことだけで全てを判断することはできませんが、多くの方にエネルギー不足と血流の悪さがあります。
骨盤内の血液量と循環をよくすることで、子宮環境自体を整えることが第一目標になります。

また、生理周期は複数の女性ホルモンが働き合って上手く織りなされています。
これは自分の意志で行っていることではなく、無意識的に行われています。
つまり、脳と自律神経の働きです。
内膜を育てる力が足りないということは、自律神経系統にも乱れがある可能性があります。
自律神経を整えることが第二の目標になります。

鍼灸院で子宮環境をよくする

鍼灸院
鍼灸院では、その人の体の状態に合わせて全身のツボを組み合わせて使っていきます。
何が原因で内膜が薄くなっているのか、を東洋医学的に判断していきます。

使用するツボの例

●婦人科系のチカラが不足している人には…
「三陰交」「足三里」「太渓」「気海」「腎兪」「脾兪」など

●血の量が不足している人には…
「太衝」「三陰交」「足三里」「気海」「肝兪」「腎兪」など

●女性ホルモンの乱れの人には…
「太谿」「太衝」「合谷」「内関」「膈兪」「肝兪」「腎兪」など

●ストレス・不安・イライラなどが強い人には…
「内関」「大陵」「太衝」「行間」「心兪」「厥陰兪」「肝兪」など

以上のようにツボの中から適切なものを選び、全身で10か所程度に施術します。

自宅で子宮環境をよくする

自宅お灸
お家でできるお灸などを使うことを想定して、代表的な「良いツボ」をご紹介します。

三陰交

女性にとって最も大事にしたいツボです。
三陰交は3つの経絡が交わる交差点で妊娠力アップが期待できます。
三陰交は子宮内膜を厚くするお灸として第一に選びたいツボです。

三陰交は内くるぶしから指4本ぶん上に上がったところです。
該当するあたりを押した時に気持ち良い、痛い、違和感のある場所が三陰交です。

血海

次が「血海」(けっかい)です。
血流をよくする効果がとても高いツボです。
血海は足のひざの内側の上にあります。
ひざのお皿より指3本ほど上の場所にあります。

内関

ストレス緩和やリラックス効果が期待できます。
ストレスがらみで自律神経が乱れることで子宮内膜が薄くなっているケースにおすすめです。
内関は腕にあります。
手のひら側の手首のしわに指3本を当てます。その付近を押して何となく違和感がある、痛みがある場所が内関です。

太谿

婦人科系の元気を活性化するツボです。
体をあたためる効果もあるので下半身の血行促進によいです。
内くるぶしとアキレス腱のほぼ中央のくぼみ。

太衝

ストレスによる緊張を解きほぐすツボです。
イライラしやすいなどがある人に向きます
足の甲です。
親指と人さし指の間を指でたどって止まったところです。

以上が自分ひとりで探しやすいツボです。

お家でできるお灸があります。
↓こういうやつです↓
せんねん灸

当院でも販売していますし、ドラッグストアなどにもあります。
セルフケアのお灸をぜひ試みてください。

パートナーの助けがあれば、お腹や背中にも良いツボがありますが、まずは手足のツボから始めることをおススメします。
継続が力になりますので、あまり気負わず、気持ち良さを感じつつ、ゆるゆると実行してください(笑)

当院の不妊鍼灸のご案内

不妊鍼灸ページ