病院で原因がないと言われた不妊

カラダは元気ですが妊娠しません、鍼灸した方が良いですか?

原因不明の不妊
病院でも原因不明(=不妊の原因がみつからない)と言われ、日常生活でも元気だと感じている人からの質問でした。
ただただ、妊娠しない、のが悩みだと。

病院では不妊の原因は不明と言われた

不妊については、他の方たちでも病院では原因がはっきりしないケースは少なくありません。
ですので、その点に関しては鍼灸するのは何ら悪い事ではありません。
鍼灸では、とくに気血水のめぐりが健康を決めると考えます。
体質的に血流が悪いとか、生殖器系のエネルギーが弱いとか、イライラしやすいことが体の円滑な活動を妨げているとか、そういうものが体質です。
病院での検査・診断とは別に、東洋医学的な切り口で「妊娠しやすい身体づくり」をしましょう
鍼灸を活用してください。

健康増進という考え方

健康増進
鍼灸は「病気を治す方法」としての使われます。
肩こりがあるから鍼灸、頭痛があるから鍼灸、生理痛があるから鍼灸、という具合です。
ただしじつは、鍼灸=東洋医学は「病気予防・健康増進」にこそその真価を発揮します。

東洋医学では、健康と病気の中間には“未病(みびょう)”という状態があると考えます。
未病とは「病気にはなっていないけど健康でもない状態」です。
その時点で施術をすることで健康状態にカラダを戻し、それを維持することが真の健康であると考えます。

ですので、元気な人が元気の良いままで過ごすためのケアとして鍼灸を活用して欲しいと思います。

カラダは元気です、は本当か?

本当に健康?
体については、婦人科系にかかわらず、頭痛・肩こり・冷え・疲れ・身体の硬さ・心理的ストレスなど、がないと感じられる=元気だと実感がある、のは素晴らしいことです。

ただもしかすると、「気づいていないだけ」で体の不調はあるかもしれません。

よくあるのが、コリや冷えです。
たとえば肩こり。
凝っているという実感はないので「コリはない」と判断されていても、触ってみるとコリやハリがあることも少なくありません。
これは「気づいていないだけ」のケースです。
冷えも同様です。
足に冷えはない、と言いつつも触ってみると足がとても冷たいケースもあります。
これは冷えていないのではなく、冷えていると自覚していない、ということです。
これも温まっていく中で、自身の冷えを自覚されていきます。

自覚していないけどめぐりの悪さが存在するので、鍼灸をしていくことで、少しずつほぐれていくと「ラクになった」実感が出てきます
ここで初めて「ああ、以前は凝っていたのだ・冷えていたのだ」と認識されます。

鍼灸を受けることで変化を実感することも考えられますので、鍼灸を受ける価値があると考えます。

以上のようなことからも、元気な人にも鍼灸を試す価値が十分あると言えます。

当院の不妊鍼灸のご案内

不妊(妊活)鍼灸ページ